なにわナンバー 車庫証明、軽自動車・バイクの名義変更  離婚・離婚協議書・公正証書起案

なにわナンバー 
  軽自動車・バイク登録サービス


  〒545-0035 大阪市阿倍野区北畠1丁目18-26-307
   行政書士うつみあつこ法務事務所  
乗り物代書屋さんブログ

  電話:06-6115-7421 fax:06-6115-7422
 

  メール:osaka@cartoroku-utsumi.jp またはcartoroku@icloud.com

受付時間

営業時間:8:30~19:00
お電話は、土日・祝祭日も
受け付けております

お問合せ・ご相談はお気軽に

06-6115-7421
06-6115-7422

自動車保管場所証明(いわゆる車庫証明)手続き
(大阪市、堺市、高石市、大阪狭山市 限定)

車庫証明とは

車庫証明とは自動車をどこに保管するかを証明したものです。自動車の新規登録、変更登録、移転登録の申請をする時に、車庫証明(自動車保管場所証明書)が必要になってきます。

軽自動車の場合は必要ありません(届出は必要です)。

なにわナンバー自動車・バイク登録サービスでは、大阪市内限定で、平日にしかできない、車庫証明の申請から受け取りまで、どこよりも早く・丁寧に代行いたします。

車庫証明料金

  車庫証明取得代行料金 料金はこちらからどうぞ
大阪市内、大阪狭山市
堺市、高石市
あなたの車庫の管轄警察はこちらから 大阪市内
堺市、高石市、大阪狭山市
軽自動車の車庫証明(事後確認)

軽自動車の車庫証明必要地域はこちらから

委任状!お忘れなく! 委任状書式のダウンロード

車庫証明に必要な書類について
重要なお知らせです

現住所と住民票届出住所が異なる方へ!!単身赴任や学生さんの下宿(古いなぁ~)なんかで、現居住地と住民票が異なる方にご注意です。

現住所で、車庫証明は取得できます。というか、取得した方が良いのです。使用者の居住地から2km以内に車庫が無ければなりません。

車庫証明をご依頼される方で、現住所と住民票が異なる方は、申請時に添付する書類が増えます。現住所に現在、生活している証拠書類が、必要です。最適なのは、住所氏名の記載された公共料金の領収書です。
水道使用量0㎥という領収書は、不可です。その次は、郵便局の消印が押された郵便物です。
私的なものでも結構です。原本はお返しします。警察も当行政書士事務所も個人情報守秘義務があります。

 ご依頼される方は、ご注意ください。

車庫証明取得の流れ

お問合せ



 まずは、電話、メールお問い合わせフォームでお問合せを!
  車庫の所在地、自己所有の車庫か賃貸かなどの簡単なご質問でも結構です。

 

オプションをお選びください

ご依頼者様の予算、時間的制約から、オプション(ご利用料金表)を用意しております。

オプションをお選びください。

各種オプションの流れをご説明いたします。こちらからどうぞ。

ご依頼内容の確認と書類作成

ご依頼内容に従って、書類を作成致します。

管轄(車庫の所在地)警察署への届け出

書類作成後、当事務所で所轄警察へ申請します。

・申請から証明書発行までは、通常7日間から10日間、年末年始、大型連休を挟む場合などは、20日間以上かかる場合もあります。
・軽自動車の車庫証明の場合、1,2日間で発行されます。

・ディーラー様におかれましては、ユーザー様に十分余裕を持った日程で車庫証明取得期間をお伝えください。大阪市内は、残念ながら不法駐車ナンバーワン地域です。所轄さんは、車庫の現地調査をしっかり行っています。平常日ですら、申請から取得まで6日間を要しております。
 当事務所に書類到着後、書類のチェックなどでその日のうちに申請は、困難な場合が多いのが実情です。
 よろしくご理解のほどを申し上げます。

車庫証明書と請求書の発送

車庫証明書と請求書はゆうパックまたは宅急便でお届けします。

※:受理後、3営業日以内に請求書記載の口座にお振込みください。

利用された事例

個人ディーラーから軽自動車を購入しましたが

大阪市のAさん(40歳)

・軽自動車にも車庫証明が必要だと知りませんでした。

 近くの交番に聞くと所轄車庫証明担当に問い合わせてくださいとのこと。
 大阪市内は、軽でも車庫証明が必要とのこと。

 スマホで「大阪市内、軽、車庫証明」で検索すると・・・
 さっそく、お電話しました。優しそうなうつみあつこ先生のこえ。土曜日にお願いしたのに、翌週、水曜日にはステッカーと証明書が送られてきました。わたしは、書類をダウンロードして、宅急便で分かるところだけ書いて、送っただけです。

 一日もパートを休まないで手続き出来ました。

結婚、引越し、えっ!

堺市の新婚さん(31歳)

結婚して、大阪市内のマンションに神戸から引越しました。

 引っ越し荷物の整理も終わり、嫁さんの実家の岡山に挨拶に行った帰り、検問に合いました。
警察官に「運転免許所を見せて下さい」と言われ、キチンと住所変更をした免許証を自慢げに見せました。
「ご協力ありがとうございます。ご主人の車ですか?」との質問に、
「はい」とは、言ったものの実は嫁さん名義。二台もいらないので、私の車は、友人に安くに譲りました。

「ナンバーが神戸ナンバーですね。なにわナンバーじゃないんですね」
「・・・」
「車の手続きの方もよろしく」と言われました。

帰ってインターネットで調べると車庫法違反になるようです。
早速、手続きを調べるとチンプンカンプン。
「大阪カー&バイク登録代行サービス」のHPを見つけ、メールしました。
 嫁さん名義なので、苗字も住所も変わっています。
ゼーン部お任せしました。うつみあつこ先生の事務所に実印と印鑑証明をもって、嫁さんが早速出かけました。先生が用意していてくれた書類にペタペタと判子を押し、署名しました。

嫁さんは、手続きのことは、帰ってきても何も言わず、
「帝塚山、北畠っていいところよ、ケーキ屋さん、コーヒーショップ、それにお洒落な洋服屋さん、大阪市内にあんな静かでいいところがあるなんて!チンチン電車も素敵!」と車と関係の無い話ばかり。
 車庫証明も1週間ほどで上がり、先生から電話がありました。名義変更まで終わりましたと。

 新しいナンバープレートを陸運局でもらい、封印とやらもしてもらって、スッキリしました。

そして、嫁さんは、「帝塚山に引っ越さない?」と言っています。「堺に来たばかりじゃないか!」と反論すると、「いいじゃない、また、あつこ先生に手続きをお願いすれば」。

「そういう問題じゃないやろ・・・」(無言)

いかがでしょうか。

このように、車を購入した時だけ、諸手続きが必要と思われている方も多いと思います。当事務所のサービス、事故や駐車違反で切符を切られた時にややこしい法律問題に発展する可能性があります。引越、後結婚では、車の免許証やパスポート、公共料金などは、いち早く変更手続きを皆さん済まされます。
忘れがちなのは、車の名義や車庫の変更です。早い目の手続きをお願い致します。

手続きの必要性、分からないことはとりあえず、お尋ね下さい。まずは、ご相談からです。

電話:06-6115-7421 メール:osaka@catoroku-utsumi.jpまたはcartoroku@icloud.com まで。